FC2ブログ

書くことは楽しい。(2日目)


20代半ばの頃、ネット上で日記を書いていたことがあります。

まだ塾講師になる前で、フリーライターとして活動していた時期の話です。

「ライターとして自分をアピールするために、自分の文章を公開しておく場があった方がいい」と先輩のライターさんに言われて書き始めたものです。たしか、約2年くらいの間、ほとんど毎日更新していたと思います。

日記に書く内容はごく些細なことで、それでも毎日続けていると、わざわざそれを読みに来てくれる読者の人も何人かいました。今回、自粛期間にブログを更新していくことにして、そのときのことを思い出しています。

こういう日記のような文章って、続けていくとものすごく簡単に書くことができるようになります。反対に、久しぶりにやろうとすると、なかなか指が動かない。いまも、けっこう悩みながら文章をひねり出しています。昔は、書くことなんて決めていなくても、すらすらとその日の分の日記を更新できたのに、いまはそのときの感覚と全然違う。この期間続けていくうちに、だんだんと勘が戻ってくると良いのですが。

もちろん、以前は個人として書いていたし、なんの制約もなく思ったことを思ったままに書けばよかったというのはあります。このブログは一応、学林館鳶尾校の責任者として書いているので、あんまり適当なことは書けないというプレッシャーも多少は感じますし。

でもまぁ、そこを意識して堅苦しい内容ばかりを書いていても、それこそ読む方は退屈でしょう。くだけた口調でくだらない内容を、気ままに更新していくくらいでちょうどいいと思うようにします。好きなことを好きなように書くことは楽しい。以前に書いていた時のその気持ちを思い出しながら、明日からまた更新していきますね。



1日目


今日は緊急事態宣言が発令されて1日目となります。

学林館鳶尾校では、本日よりすべての対面授業を停止して休講期間となりました。

4月6日、7日には新学年のテキスト配布を行いましたが、生徒たちは延々と続く自粛ムードにさすがに飽きてきている模様。2月末に学校の休校が決定したときには「やったー!」「ラッキー!」とはしゃいでいた生徒たちも、「自粛」で学校に行かないことが、単なる春休みとは違うと体感してきたようです。

今の子供たちには「ゲーム」や「YouTube」という強い武器があります。自宅にこもっていても、ゲームや動画を好きなだけ楽しめる。とはいえ、どんなに好きなことでも、それをずっと続けなくてはいけないとなると飽きてくるし苦痛になる。

昨日、教材を渡す際に話した生徒も「ゲームはもう飽きた~!」と叫んでいました。いつも通りの生活ができないことへの無意識のストレスに苛まれているんでしょう。生徒たちにとって「いつも通り」の生活というのは、学校に行き、部活に行き、家で「勉強しなさい」と叱られ、塾で「居残りだ~!」と言われ、たまの休みに友達と集まってカラオケに行ったりマックに行ったり、そういうごく普通の日常生活です。

今回の期間、コロナウイルスのせいであれもできないこれもできない、学校も行けない塾もない、友達と遊べない、会っても行ける場所がない、そうやって現在の状態を嘆いているだけではなく、今までの普通の生活がどれだけ恵まれていたのかを再確認する有意義な時間にしていければと思います。もちろん、僕自身もです。

そうやって再確認しておけば、やがて騒動が収束に向かい、日常が少しずつ戻ってきたときに、その喜びを存分に味わえるし、普通の生活の普通の時間を無駄にすることなく過ごしていけるようになると思います。

今日から毎日、日によっては何度も、このブログも更新していくことにします。
自粛ムードで家にいる間、ちょっとでも気分転換になってくれれば嬉しいです。
今までブログ上では、学林館の予定等の報告のみを更新していましたが、せっかく時間もあるし、読んで面白いと思ってもらえるようなことを書いていこうかと。コロナについて、自粛について、受験について、そういういやでも考えてしまうことではなく、ちょっと一息つけるような、あの先生面白いなと感じてもらえるようなことを。

初日なのでわりと真面目なトーンで書きましたが、僕はもともと楽観的でポジティブな性格です。自粛はするし、感染拡大防止のためにできることは微力でもやっていきますが、やることはやって、あとはそんな中でも少しでも楽しいことを発信していけるように頑張っていきます。

みなさんも退屈だと思うし、勉強への不安もあると思う。僕のLINEを知っているならLINEでも、ブログへのコメントでも、休みの期間勉強面での不安やストレスが溜まることがあったら、なんでも気軽に話してくだされ。

ではでは。

ブログでの発言は、あくまで僕個人の考えであり、学林館全体の意志とは異なる場合も多々あるかもしれません。
ご了承願います。







重要なお知らせ(3月4日更新)

3月2日より、個別を含めたすべての授業を休講としていましたが、

当初予定していた8日までの期間を延長し、15日まで休講とすることになりました。

3月のクラス受講料については、通常授業分をすべて返金いたします。

個別授業を受講している生徒さんに関しては、

現時点での授業消化数などに合わせた対応になっていきますので、別途ご連絡いたします。

また、16日~24日までの期間、特別補習授業を開講いたします。

普段よりも少人数のクラスを設定し、特に重要な範囲に絞っての補習授業となります。

こちらの補習授業に関しては受講料は頂きませんが、コロナウイルスの拡大状況を見て、

中止となる場合もありますのでご了承ください。

休講期間延長や補習授業についての詳細は、近日ご家庭に郵送されますので、

そちらをご確認の上、ご不明な点は鳶尾校までお問合せください。

今後も状況によって対応が変わってくるかもしれませんが、

まずは健康面での安全を第一に、

できる限り学習面でも不安をなくしていけるように対策を講じていきますので、

引き続きご協力をお願いいたします。

重要なお知らせ(コロナウイルスの対応)


全国小中高の休校措置に伴う学林館からの重要なお知らせです。

小中高校、休校に伴う対応について

上記のように、3月8日までの期間、学林館の授業はすべて休講となります。

今後の対応も、随時ホームページや当ブログで更新していきます。

前例のない事態のため、対応も流動的になってしまいますが、今後ともよろしくお願いいたします。

全員合格おめでとう!


本日、公立高校入試の合格発表がありました。

鳶尾校は無事、全員合格を達成です。

今年度の受験生たちはみんな真面目で、教えていてとても楽しい生徒たちでした。

全員が頑張っていたので、みんなで喜びを共有できることが本当に嬉しいです。

例年より少し易化したと思われる入試でしたが、これから結果の分析を行い、来年度に繋げたいと思います。


合格発表と同時に、今日が中3生最後の授業となりました。

コロナウイルスを巡る学校の休校措置、それに対応するための会議などが相次ぎ、

最後の授業だったのにあまり面白い話もできませんでしたが、

卒業生のみなさん、本当にありがとうございました。

しばらく塾は休講となりますが、再開したらいつでも顔を見せに来てください!!